財務分析

  1. HOME
  2. 使える機能
  3. 財務分析

自病院の財務状況をタイムリーに比較
他病院とのベンチマークで改善点を可視化し財務データの読み解き方を指南

  • 病床機能適正化
  • 外来機能適正化
  • 病床管理
  • パス標準化
  • 医療材料
  • 生産性向上
  • 急性期度向上(係数Ⅱ、基礎)
  • 手術部効率化
  • 地域連携(前方・後方)・退院支援
  • PFM(検査・画像外来シフト含)
  • 加算強化

地域医療を守り、質の高い医療サービスを提供し続けるためには、病院の経営状態を適切に把握することが必要不可欠です。
No Margin、No Mission(利益なくして、果たせる使命なし)――。
組織が健康だからこそ、より良い医療が提供できます。「財務分析」では、病院全体の財務状況を俯瞰的に、そして経年的に確認することが可能です。

こんなお悩みありませんか?

課題

  • 収益が下がった原因が分からない
  • 財務状況を改善するための対応策が不明確
  • 財務諸表の読み方が分からない

解決

  • 自病院の財務状況をタイムリーに比較
  • 他病院とのベンチマークで改善点を可視化
  • 財務データの読み解き方を解説

財務分析機能の特徴

財務諸表を毎月提出いただくことで、リアルタイムに貴院の財務状況を可視化します。
また、各種指標によるベンチマークを行い、財務状況を確認することができます。

分析項目一例

自病院分析P/L、B/S を可視化し、現状の把握を容易にします。

ベンチマーク分析収益性だけでなく、労働生産性、従業員一人あたりの医業収益などあらゆる詳細な項目にてベンチマークします。

収益性、安全性、生産性会計の観点からベンチマークを行い、自病院の現状を可視化します。

  • 収益性

    収益性

    利益率と人件費率の相関など、あらゆる観点で収益構造の検討を行います。

  • 安全性分析

    安全性分析

    B/S より流動比率と流動負債のバランスなどをベンチマークし、自病院の検証を行います。

  • 生産性分析

    生産性分析

    従業員一人あたりの生産性はどのくらいが適正なのか、ベンチマークからポジションを確認し、目標を立案します。

お問い合わせ
資料請求