マーケット分析

  1. HOME
  2. 使える機能
  3. マーケット分析
【お知らせ】
03/13 マーケット分析のデータを最新の2016年度に更新(詳細はこちら

自病院の強み、弱みも含め、一目で現状を把握
マーケットの経年変化を可視化
マーケティングの観点から改善点を提示

  • 病床機能適正化
  • 地域連携(前方・後方)・退院支援
  • PFM(検査・画像外来シフト含)

経営戦略を考えるにあたっては、マーケットのニーズ、医療圏における自病院のポジションを客観的に把握することが必須です。マーケットサイズ、疾患別・領域別シェアの経年変化、競合病院の動向を把握していますか?「マーケット分析」では、マーケットの動向を経営的な視点から可視化し、地域医療における競争優位性の確立を支援します。

こんなお悩みありませんか?

課題

  • 自病院の強みの疾患や診療科が分からない
  • 前方連携を強化すべき病医院の優位順位が分からない
  • 入院患者がどこの医療圏から通院しているかを把握できていない

解決

  • 自病院の強み、弱みも含め、一目で現状を把握
  • マーケットの経年変化を可視化
  • マーケティングの観点から改善点を提示

マーケット分析機能の特徴

「自病院に入院した症例は、どの居住区なのか、診療科によりバラつきはないか、経年で変化はないか」。前方連携を強化するにあたり、より効率的に優先順位を付けて活動することができます。院内全体をビジュアル的に理解することが可能です。

分析項目一例

3C 分析(自病院)自病院に入院した症例はどこか、視覚化することにより次への行動が可能となります。

3C 分析(競合)厚労省公開データを用いて、SWOT 分析を行います。

3C 分析(市場)疾患単位にて、自病院、他病院の症例数経年変化が分かります。

紹介データ分析DPC データと紹介データをマッチングさせ、どの病医院からの紹介が入院に結び付いているかを検討し、前方連携を強化することができます。

  • 市場分析

    市場分析

    疾患単位で自病院と他病院の経年変化を把握できます。

  • 競合概観情報

    競合概観情報

    競合病院との位置を把握し、自病院はどの領域が優れ、また課題となるか、SWOT 分析を行います。

  • 患者エリア分析

    患者エリア分析

    自病院に入院した症例の居住区を把握し、自病院の戦略エリアを検討、進捗確認を行います。

お問い合わせ
資料請求