看護必要度分析

  1. HOME
  2. 使える機能
  3. 看護必要度分析
【お知らせ】
2/26 2018年度診療報酬改定に対応した看護必要度シミュレーションを実装(詳細はこちら

データ精度検証とベンチマークで大激変期を乗り切る
病床戦略構築の判断材料としても有用
先駆者であるGHC のノウハウをシステム化

  • 病床機能適正化
  • 病床管理
  • パス標準化
  • 急性期度向上(係数Ⅱ、基礎)
  • PFM(検査・画像外来シフト含)

「看護必要度分析」では、GHC がコンサルティング・サービスで提供してきた医療・看護必要度データ精度向上プログラムのノウハウをシステム化。医療・看護必要度データを自動分析します。これにより、正確な自病院の重症度割合を把握したり、精度に問題がある病棟や診療科を特定したりすることで、改善活動につなげることができます。
また、症例別にも精度を確認できるので、過去に遡って、データを修正することもできます。さらに、症例別に他病院の重症度割合と比較するベンチマーク分析も実装しています。今後は、病床戦略策定を医療・看護必要度の観点から強力にサポートする機能も実装する計画です。

こんなお悩みありませんか?

課題

  • 医療・看護必要度データの精度に自信がない
  • どのように病床戦略を立てればいいのか分からない
  • 他病院の状況と比較して検討したい
  • 精度に問題があるデータを修正したい
  • 他病院の重症度割合の状況を知りたい

解決

  • 自動分析で容易にデータ精度向上に向けた課題が分かる
  • データ精度を高める事が、病床戦略を検討する上での強力な武器となる
  • ベンチマーク分析で他病院の状況と比較して検討できる
  • 症例単位で過去に遡ってデータを修正できる
  • 症例単位で他病院の重症度割合と比較できる

看護必要度分析機能の特徴

様式1・EF ファイルとH ファイルをマッチングさせます。それによりデータの精度向上とそのベンチマークを行います。将来の病床戦略を考えるうえで本分析は必須アイテムとなります。

分析項目一例

A 項目、C 項目分析一致率、過剰評価率という概念を用います。データ精度の向上へ明確に導きます。

乖離症例分析症例単位に、どの様な漏れが生じていたのか検証を行います。

データ精度適正化シミュレーション適正化された場合、自病院の重症度はどうなるのか、目標はどうするかシミュレーションします。

ベンチマーク分析特にC 項目はベンチマークを行うことで自病院のデータだけでなく診療行為の適正化も検討できます。

看護必要度シミュレーション2018年度診療報酬改定に対応した重症患者割合をシミュレーションできます。(詳細はこちら

  • C 項目別一致率

    C 項目別一致率

    他病院とのベンチマークにより自病院の弱みを明確にします。

  • 症例詳細情報

    症例詳細情報

    症例単位に、すべて漏れていたのか、診療行為初日もしくは最後だけ間違えたのか検証し、クセを修正することができます。

  • 疾患別入院経過日数推移

    疾患別入院経過日数推移

    疾患単位で重症度の推移を把握することで、転棟、転院のタイミングをルール化し、より適正な病床戦略を行うことが可能です。

お問い合わせ
資料請求