病院ダッシュボード

インタビュー 病院ダッシュボードをご利用いただいている
お客様に感想を伺いました

素人でもわかりやすいように分析結果の変化が

赤色、黄色、青色で確認できます

松阪市民病院 総合企画室・副室長 世古口務氏
診療各科のヒアリングに活用
 「病院ダッシュボード」を導入したきっかけは、1つは、GHCが開催した「病院ダッシュボード」のセミナーを受けていて、なかなかおもしろいと思ったこと。私は今、イブなどを使用した(病院経営指標の)分析を主な仕事としていますが、「病院ダッシュボード」で分析されたデータは、診療各科のヒアリングなどにも使用できると考え、導入を決定しました。

また、「病院ダッシュボード」は、DPCの分析結果の変化が赤色、黄色、青色で確認できるところがものすごくインパクトが大きいです。前年度の比較などもそうやって色分けされて、すぐに出てくるところは分析素人でもわかりやすいです。

人材の省力化を実現
 我々のような中小規模の病院では、スタッフが少ないうえに、(専門的に分析する人材が確保できないため)分析する能力も欠けております。そうした面では、「病院ダッシュボード」は、短時間で自動的にデータを作ってくれて、取り出せるため、非常に助かります。

大きな病院で分析能力に長けた人が大勢いるところは、良いと思いますが、我々のような地方の病院で人材も限られているところでは、(分析の他に)人を使いたい仕事がありますから、「病院ダッシュボード」のようなツールを活用し、極力(人材の)省力化をして良い結果を出していきたいと思います。


松阪市民病院

住所:〒515-0073 三重県松阪市殿町1550

http://www.city.matsusaka.mie.jp/www/toppage/1002000000000/APM03000.html

●病床数:308床 ●標榜科目:内科、呼吸器科、消化器科、循環器科、小児科、神経内科、 リウマチ科、 外科、 整形外科、形成外科、脳神経外科、呼吸器外科、産婦人科 眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、リハビリテーション科、 麻酔科、歯科口腔外科

導入実績一覧へ

病院経営支援のことなら何でもご相談ください
お問い合わせ
資料ダウンロード